読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳 不惑の肉体改革

40歳 筋トレ、マラソン、ロードバイク、ダイエット、ヘルスケア 身体に負荷をかけていきます

【笑ゥせぇるすまん】第6話 かいぶつかします【感想 考察】


では

登場人物

  1. 宇土泰造‥29歳 俳優 妻と子供の3人暮らし
  2. 妻‥売れなくてもいいからささやかな生活を望んでいる
  3. マネージャー‥敏腕❓


喪黒福造‥笑ゥせぇるすまん




宇土泰造は売れない役者

エキストラさえ満足にこなせず
飲んだくれている時に喪黒に出会う


落ち込む宇土を見て喪黒がマネージャーを引き受ける

翌日、マスクを着用させ

レンタルする事をプロデュース




一気に人気者に

仕事の時はマスクを取らない約束

元のマネージャーが映画の主役があるから
戻ってこいと誘われる

喪黒との手切れ金

喪黒は納得
おまじないという名の
ドーン

順調に撮影

しかし‥マスクが取れない


パニックになる宇土




あの暴れっぷりまるで本物の怪物のようですね
さぞリアルで素晴らしい映画になることでしょう
宇土さんの夢が叶って何よりです
もちろん無事 上映にこぎつけられればの事ですが



と物語は終了




宇土泰造

  • 役者として大成したい
  • 優柔不断
  • 気が弱い
  • 売れても謙虚
  • 人任せな所がある

宇土人間性

彼は優柔不断ゆえ判断力が弱い
喪黒に売り出され人気者になったがマネージャーに映画の話をエサに事務所に戻る
その際の話し合いはマネージャーに任せている

確かに売れない俳優が映画主演なんて夢のような話しですからね

喪黒の売り出し方

レンタル業で一躍、人気者にさせた
テレビや映画の主役も約束していた

喪黒についていけばハッピーエンドが待っていた❓

マネージャー

一度クビにしながらも売れたらまた声をかける
調子のいい人間
しかし映画の話を持ってきた やり手なのかもしれない

今回のテーマ

人の裏切りでしょうか
売り出してもらった恩を忘れ手切れ金で人間関係をデリートする

何故マスクが取れなくなった

約束として仕事中はマスクを外せない
喪黒は事務所に戻っても売れる事を望んでいた❓
喪黒のセリフの1つに「本物の怪物の誕生です





感想
今回の話は怪物くんとのフランケン男でしたね

怪物貸します

から

怪物化します

と怪物になりました

売れない役者が魂を売って夢を叶える

まさにそんな話でしたね

少しだけでも夢を見れた宇土は幸せだったのでしょうか

妻は普通を望んでいましたよね

どちらの人生が良かったかは本人次第ですよね