読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳 不惑の肉体改革

40歳 筋トレ、マラソン、ロードバイク、ダイエット、ヘルスケア 身体に負荷をかけていきます

【笑ウせぇるすまん】第4回Bパート 走行者天国 【あらすじ 考察】

喪黒福造が助ける❓相手は基本 気弱❓な人間が多い気がします


病んでいる人間の特徴でしょうか



今回の主人公もまたそんな人間





では

走行者天国

登場人物

  1. 道原 駆‥32歳 サラリーマン ストレス解消のためランニングをしている
  2. 古鹿 万美‥27歳 OL 趣味はランニング SNSを使っている

喪黒福造‥笑ゥせぇるすまん



道原 駆はストレス解消のためランニングをしているが


歩行者や自転車 障害物に阻まれ満足な走りができず


余計にストレスを溜めてしまう日常


ある日 喪黒と出会い
走行者天国免許証をもらう

これがあると今までとは違い
障害物が勝手に避けてくれて好きなだけ走れる



譲渡する条件に絶対に【秘密にする事】



しかしランニングで仲良くなった万美に走行者天国免許証のコピーを渡してしまう



万美は自由に走れる感動もあり免許証を
SNSにあげる

気がつくと拡散



街には走行者天国の免許証を持った人がたくさんいて今までのように自由に走れない


約束を守れなかった道原に
ドーン



喪黒の締めの一言



スポーツで汗を流す風呂は最高です
まさに天国です
しかし天国というのは失ってからその有り難みが分かる事の方が多いのかもしれませんな





と物語は終了


道原 駆

  • ランニングをすると人や物に邪魔されてしまう
  • 誰もいない道を走りたいと思っている
  • 万美に好意を持っている
  • 万美に走行者天国の免許証をコピーして渡す
  • 約束を守らないが都合のいい事を言う

古鹿 万美

  • 道原をランナーとして尊敬している
  • 走る事が好き
  • SNSのフォロワーに走行者天国の免許証をシェアしてしまう



一枚だけコピーした道原
SNSにあげ 結果、拡散させてしまった万美



どちらの責任が大きいのでしょうか❓



今回のテーマはSNSの拡散
ネットの危険

ですね


軽い気持ちでネットあげた画像が取り返しのつかない事になり
その後の人生が変わってしまう人がたくさんいます


digital tatoo
なんて言葉もあります

あまり自覚のない道原

喪黒に内緒にして下さいと言われ渡されたはずなのにそれをコピー し譲渡


万美に下心があった❓
可能性はアリ
純粋に走るのが好きな万美に喜んでもらいたかった


公園が免許を持ったランナーで溢れても
自由に走れる事を望む

一切 自覚のない万美

万美は何も知らない
道原から貰った免許をSNSで紹介しただけ

どちらが責任が大きいのは明確ですね
どちらも悪いですけど


最初にキッカケを作った人間
道原


道原の堕ちた先は


ここは何処なのでしょう❓❓



天国だっただけに地獄でしょうか