読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳 不惑の肉体改革

40歳 筋トレ、マラソン、ロードバイク、ダイエット、ヘルスケア 身体に負荷をかけていきます

【amazonフレッシュ】amazonはどこまでいくのだろう

本日4月21日 アマゾンジャパンはプライム会員向けに生鮮食品、日用品、雑貨品等を最短4時間で配送をする



amazonフレッシュ
を開始した







取り扱い商品

野菜 果物 鮮魚 精肉 乳製品など1万7000点以上の食料品のほか ベビー用品 ペット用品といった日用品・雑貨品 合計10万点以上の商品




配送地域

サービス対象者


Amazonプライム会員限定サービス
プライムの会費3900円に加え 利用する会員は月額500円



配送料

注文金額が6000円以上の場合 送料は発生しない 注文額が6000円未満の場合 一度の注文あたり配送料が500円



受け取り方法


置き配や再配達はしない

手渡し可能のみ


出荷通知メールを送ったりしますが


手渡しできないと商品の持ち帰り

注文キャンセル扱いになります



なかなか時間のタイミングが難しそうな気もしますね






しかしさすがamazonですね


アメリカ イギリスの一部では始まっているサービスですが日本でも始めるとは


それだけ日本人はamazon依存しているという事ですよね






私が1番気になるのは配送業者はどうなるのでしょうか❓





都内6区であれば準大手の運送会社と契約してコキ使うのが見えそうですね



amazon側も最大手でなければそれほどニュースなどでは騒がれませんから企業イメージ守られますよね



今回のヤマト運輸との騒ぎ
2013年には佐川急便と決裂してますしね
日本郵政がやるとも思えませんし





サービスが向上する裏側ではたくさんの人が泣いています

ヤマト運輸は残業未払い等々 多くの痛手を負ったのではないでしょうか


ユーザーは便利が1番いいのですけどね




一概に何とも言えません