読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳 不惑の肉体改革

40歳 筋トレ、マラソン、ロードバイク、ダイエット、ヘルスケア 身体に負荷をかけていきます

【名作・迷作】笑ゥせぇるすまん 【あらすじ 考察】

笑ゥせぇるすまんがリニューアルアニメ化されましたね

 

子供の頃 よくわからない

少し得体の知れないアニメだと思って見てました

 

先日また始まったのでオジサン目線から子供の時に理解できなかった事を理解できるかもという気持ちで見てみました

 

 

喪黒福造

f:id:yrstmt:20170405090822j:image

 

喪黒福造が、『ココロのスキマ、お埋めします』と現れ 困っている人間を救済する話❓

救済というか奈落の底に落とす話❓

 

 

作者は❓

 

藤子不二雄A

大人向けのブラックユーモア漫画の代表的作品

 

他の代表作

プロゴルファー猿

・忍者ハットリくん

まんが道

 

などなど

 

ダークサイドな作品が多いのかな❓❓

そんな事ないですね

 

 

私が中学生の頃 ギミアブレイクという番組

 f:id:yrstmt:20170405093159j:image

ネオンがバブルっぽいですね

 

 

大橋巨泉やら石坂浩二 ビートたけしが出演してた番組でしたが

内容は徳川埋蔵金以外は覚えてませんが合間にやっていたアニメ番組でしたね

 f:id:yrstmt:20170405121546j:image

 

 さて

 

リニューアルされた第1話

 

 

白昼夢(はくちゅうむ)

 

 

登場人物

中島健一・・生真面目なサラリーマン

坂巻       ・・中島の先輩 新しい刺激を求める男

ハルカ    ・・ホステス

喪黒福造・・本編の主人公 

 

ある日の会社の昼休み

 

坂巻は中島をクラブ白昼夢に飲みに誘う

そこのホステスのハルカに惚れてしまう中島

仕事中なのでノンアルコールで楽しむ2人

 

そこに現れる喪黒

 

ここの飲み代を支払うという

 

 

一杯だけ飲み 仕事に戻る2人

 

 

 ハルカに夢中になり

午後の仕事も手につかない中島

 

 

 

たまらず中島は夜も白昼夢に・・しかしそこには別人のハルカ❓逃げるように店を出る中島

 

そこで喪黒福造に遭遇  

喪黒の言葉

「あそこは真昼間に行くからいいんです  夜にはありふれたクラブですから」と意味深な発言

 

 

別れる2人

 

 

翌日も昼休みに飲みに行く中島と坂巻

この日は中島の奢り

 

そこに喪黒も現れ酒を勧められる

 

2人とも誘惑に勝てずに勤務中の昼休みなのに

飲んでしまう

楽しく時間を忘れ飲む2人

 

 

 

そこに喪黒福造のいつもの「ドーン」

f:id:yrstmt:20170405123526j:image

 

 

 

楽しい時間を過ごした結果

 

 

 

その場のお勘定49.8万円

慌てて逃げ帰る2人 

 

 

締めの一言

「誰にでも夢を見る権利はあるのです。

ただお金がないと夢から覚めるのが早くなってしまうようですが‥」

 

 

 

と物語は終わります

 

 

中学生の私だと・・昼前から酒飲んで悪い事してるからバチが当たったのかな

 

程度で布団に入って寝ましたね

 

 

 

今の私が考察するにまず

 

 

喪黒福造の意図は何だったのか❓❓何がしたかったのか❓❓何のメッセージを言いたかったのか❓❓

 

・坂巻に白昼夢を紹介したのは喪黒福造

 

➡️新規のカモを探していた?

➡️更に枝の客を見込んでいた?

 

・喪黒福造はキャッチ❓店からバックを貰ってる❓

➡️考えにくいがラストシーンで喪黒とホステス達 グルなのでは?とも

 

・背徳感

 

➡️普通では得られないものは高くつく 

 

 

 

・キーマンは坂巻

➡️自堕落な感じに見えがちだが冷静 現実的

➡️お金が無ければ飲みに行かない

➡️ノンアルで楽しむ堅実さ

➡️最後に緊張の糸が切れたが 支払いは中島

 

・真面目な中島は

➡️ハルカに夢中

➡️仕事中にも関わらず夢中

➡️夜も会いに行ってしまう程 夢中

➡️金銭感覚も崩壊

 

 

喪黒福造のターゲットはどちらなのでしょうか❓❓

 

 

・最後の締めの一言は年を経れば経るほど痛感する言葉

 

お金がないと夢も見れない

 

金が全てではないけど何をするにも金はかかる(闇金ウシジマくん

 

 イコール世の中「金」ですかね

 

心が痛い‥

 

 

 

 

話を戻して

 

これを解釈するとどちらにも当てはまりますよね

 

モノは言いようです

 

解釈も考察も本意なんてモノは創った側の人間と受け取った側の人間で温度差もあるだろうし

‥主観 

 

 

 

新社会人に向けた何かだったのでしょうか